2007年08月20日

スーパーコンピューターを20万円で創る

スーパーコンピューターを20万円で創るを読みました。
通常のパソコンなどに比べて格段に速い計算を行うスーパーコンピューター。数十億〜数百億円をかけて、ときには国策として開発が行われるが、この分野でひときわ異彩を放つスーパーコンピューターが1989年に日本で開発され、話題を読んだ。GRAPEと名づけられたそれは、開発費わずか20万円。天文学者たちによる手作りで、天文計算においては驚異的な計算速度を誇り、巨大楕円銀河誕生の謎を解明するなど画期的な成果を挙げた。

スーパーコンピューターといとくちにいっても、いろんなアプローチがあるんだなと思いました。ある目的に特化することで、より高いパフォーマンスを引き出せるというのは勉強になりました。いまのパソコンはなんでもできますが、目的を絞ってハードウェアを設計するともっと速くなるんでしょうね。

宇宙についても勉強になりました。星の成り立ちや、惑星の多体問題など。なんにも知らなかったのに、この本のおかげでそのへんの勉強にもなりました。

この本にかかれていますが、確かにある研究をする上で、その研究が「簡単そうだ」と感じるのはとても重要だと思います。
「難しいだろうな」と思ってしまうと、いろんな意味で萎縮してしまいます。この最初の感覚は大事なんだろうなと思います。実際に簡単かどうかは別問題ですけど。
posted by 野原さん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。