2006年07月28日

クロノクロス

 ひさしぶりに押し入れから懐かしいゲームを引っぱり出しました。そのゲームの名前は「クロノクロス」。ぼくが中学のころ外に遊びにも行かずひたすらやりまくったゲームでした。
 クロノクロスとかクロノトリガーとかファイナルファンタジー6,7,8,9,10とか5,6,7,8とか、あのへんの時代がぼくの青春そのものでした。だから久しぶりにクロノクロスとか聞くといまでも胸が熱くなります。
 最近、スクウェア・エニックスがアルティメットヒッツとか言って、なつかしいゲームを安価で出しまくったそうです。その中にクロノクロスがあって、それを知ったぼくはいてもたってもいられず押し入れをひっくり返したわけです。

 久しぶりに見るクロノクロスのパッケージはとても新鮮でした。2枚組だったことにちょっと驚いたりしながら起動してみるとオープニングムービーが流れ出しました。当時とてもきれいだと思ったムービーも今みるとそうでもなく、ちょっとさみしい気がしました。

 やりこんでいたセーブデータを探しだし、少しプレイしてみて思ったことはストーリーがとても複雑でムズカシイということ。なんというか哲学っぽくて理屈っぽくて、でもそういうところがカッコイイみたいな風潮があって。20歳をやっとこえた今でも理解しづらいのに当時中学生のぼくが理解できたわけがありません。

 そんなことを考えていると、もう一回本腰をいれてプレイしてみたくなってきました。幸い、これから夏休みに突入するので時間はたっぷりあります。もう一度押し入れをひっくり返し、今度はクロノクロスの攻略本を引っぱり出し準備完了。明日からはクロノクロス三昧です。
posted by 野原さん at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。