2009年04月23日

DVDの画質がとても低くみえるようになってきた

DVDの画質がとても低くみえるようになってきた


youtubeがHD対応になったりして高画質の動画を見る機会が増えています。
youtubeで動画をみるときはできるだけHDやHQを探してみるようにしているので、目が高画質になれてきたんでしょうか。
最近はDVDを見ても画質が荒くて見てられなくなってきました。

ちょっとLiveDVDを見る機会があって、見ていました。
そしたら最近youtubeで見るような画質よりも画質が低く感じたんです。

目が高画質に慣れてくると、それよりも低画質のものを見たときに一瞬できがつきます。
低画質→高画質 だとあんまり変化に気がつかないですが、
高画質→低画質 だと一瞬でその変化に気がついてしまいます。

それはPS2→Xbox360 でもそうだし、
youtube(HD)→youtube(通常)でもそうです。

それで、最近高画質動画を見る機会が多くなっているのに加えて、
ディスプレイがどんどん大きくなっているのも影響していると思います。
小さい画面だととてもキレイに見えていた動画でも、
大きくなったディスプレイで同じ動画をみるととても荒く見えます。

あぁ、そろそろBDですかね。
ブルーレイは自分的にはもうちょっと先かと思っていたけど、
そろそろこのDVD画質に我慢ができなくなってきたかもしれません。
だってyoutubeよりも低画質って。。

DVD画質がプアに見えだした今日この頃。
ラベル:DVD
posted by 野原さん at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。