2009年02月11日

コンセントが溶けているのでポットがつかえません

m6eFMwDwBjs4shjyeUGKlOhNo1_400.jpgm6eFMwDwBjs4qk2hwrQ5vCvxo1_400.jpg
研究室のポットの電源をさしていた部分が溶けてしまっていました。
もうこれはポットが使えないことを意味しています。
ヒーターの電源はなんとか別のやつにつないでいるので、ヒーターは使うことができます。

それにしてもこれはひどい。いつのまにこんなになっていたんだろう。
そういえばコンセント抜くことなんかなかったし、気づかないといえば気付かない。
しかもあの辺はとてもホコリが多い地域のようです。
だからホコリが最初のきっかけになってあんなんなっちゃったのかなと思います。

これからお湯を使いたいときはどうすりゃいいんだろうね。作戦考えないとね。
posted by 野原さん at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114057364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。